木造住宅を建てるにおいて自分の希望をしっかりと伝えることが大事

サイトマップ

GOOD REFORM

木造住宅の特徴と魅力

ソファででくつろぐ

住宅に使用されている構造材は大きく木造と鉄骨に分かれます。現在の住宅には鉄骨が主流で使用されているイメージですが、木造住宅も数多く建てられています。というのも、木造住宅には鉄骨住宅にはない魅力があるからです。木造住宅とひとくくりに言っても、在来軸組やツーバイフォーと呼ばれる工法など各住宅メーカーまたは商品によってその工法はさまざまです。また組み方や接合方法にも違いがあり、そこでも住宅の耐震性に大きな影響があらわれます。住宅は何十年とそこに住まい続けることが出来る必要があり、雨風に負けない強い建物でなければなりません。木造住宅の魅力は、その長期的な住宅の維持が可能な点です。
もちろん鉄骨住宅でも長期的な維持は可能ですが、木材はほかの建築素材と比較しても優れた素材です。木材はゆがみ・変形がしづらく、耐火性においても鉄骨よりも優れています。そのため火災時の被害を最小限に抑えられるという面をもっています。住み心地においても、木材は鉄骨に比べて熱を伝えにくい素材なので、夏の暑い時期に快適性に差が出ます。現在は十分に乾燥をさせた木材を使用することでさらに強固で腐りに強い素材となっています。住宅の素材が耐震性、住み心地に大きく関わってきます。利点を把握したうえで住宅作りを検討されることは必要なことだと思います。

木造住宅について

木造住宅の特徴は鉄筋住宅などとはちがい、まだ基本的に、安易に組み立てをおこなうことができるので、コストなども鉄筋とは違い比較的に安く、済ませることができます。
木造住宅の魅力は、一言でいうのであれば、珍しく、そして住んでいて心地よいということです。技術などが進歩をしているこの世の中であれば、ほとんどの住宅が現在では鉄筋の素材で作られております。そして住んでいれば、建物の素材が木造でできているので、自然の空気なども味わうことができ、そしてエネルギーをもらうことができます。木造住宅で気をつけることはやはり耐震対策です。木造であるので、鉄筋などと比較をすると耐震性などは劣ってしまいます。ですが、部分的に構造に対策を打つことにより、鉄筋と同等の耐震性をもつこともできるようになります。
木造住宅をお願いするときに気をつけることは木造は鉄筋と比較をするといろいろと不具合がでることがあり、業者によってはそれに対して対策を打つこともないので、事前に自分の希望をしっかりと伝えることが大事なのではないかと思います。オプションなどもあるかと思いますが、それらもどれを活用したいのかしっかりと報告をすることが必要不可欠です。

木造住宅がお勧め出来る理由

木造住宅は比較的安価で出来るところに利点があります。耐久性で言えば確実に鉄筋コンクリートが良いに決まっていますが、それでも高価になります。固定資産税的にも鉄筋コンクリート製のほうが厳しいことが多いのでやはり木造の方がメリットがあります。気をつけるべきことがいくつかあります。一つは塗装になります。
木造は腐り易いことは確かになります。これはどうしても木材である以上、劣化は意外と早いですし、水にそこまで強いわけではないです。しかし、だからこそ、塗装があるわけです。塗装をすることによって、しっかりと家を守ることができるようになります。これは鉄筋コンクリートにも言えることではありますが、塗装は物凄く大事な要素です。木造住宅ですが、温もりを感じる、と言う人が多くいます。これは感覚的なことではありますが、それでも非常に正しいことです。色合いなどはいくらでも自由に変えられることですが、木の温もりにリラクゼーション効果があるのは良く知られていることです。味わいが出てくるのは間違いなく、鉄筋コンクリート住宅ではなく、木造住宅になります。
耐久性は劣るとしてもメンテナンスをすればその程度は大した誤差ではないです。

沖縄の暮らしにマッチする木造住宅の魅力

家といえば木造住宅という方が大半ではないでしょうか。やはり、鉄骨造よりも木造の方が、なんとなく暖かさを感じたり、安心感があったりするものです。これは日本古来から伝統的に木材が使われてきたということが理由となっているのかもしれません。暖かさや安心感がある大変魅力的な木造住宅ですが、その魅力はそれだけに留まりません。精神的な面だけでなく、暮らしに直結する面でも木造住宅は機能性も高く、他の建築方式と比べても非常に優秀なのです。機能性を挙げるとすれば、吸湿性が挙げられます。木造住宅は室内の湿気を吸収し、沖縄の気候でも快適さを保つことが出来るのです。日本は比較的高温多湿な気候と言われていますが、木造住宅にはこの吸湿性があることから、沖縄の気候にも非常にマッチしていると言えるでしょう。鉄筋コンクリート造の住宅では、壁に結露などが発生することも多いですが、木造住宅にはこれが発生することは稀で、大きな強みと言えます。他にも木造住宅の魅力は数え切れないほどあるのです。他で挙げるとするならば、カビやダニが発生しにくいということが挙げられます。吸湿効果があるのになぜカビが発生しにくいのかというと、実は木材には湿気を放出する効果も持っているからです。その効果によって常時、適度な湿度が保つことができ、カビやダニなどが発生しにくくなると言われています。沖縄で家を建てるなら木造住宅がおすすめです。

沖縄で生活をするなら木造住宅を是非ご検討下さい!沖縄木造住宅「ハウス21」を選べば価格を抑えつつ、台風にも強い木造住宅を沖縄に建てることができますよ!

latest information

  • 木造住宅を選択するメリットとは

    リビング

    家を建てる時に気になるのは木造住宅にするか鉄筋住宅にするかという事ではないでしょうか?ここでは木造住宅のメリットを見ていきましょう。・木造住宅は建…

    2016/08/05

    » more

  • やっぱり木造住宅はいいと思います

    ベッド

    最近、めっきり減った木造住宅。新築の住宅を見ると、殆どが洋風建築で寂しい感じがしますね。セラミック等の外壁を使い、家の顔とも言える屋根はスレートが主流のよ…

    2016/08/05

    » more

  • 木造住宅で新たな生活を夢見ている方に

    椅子

    木造住宅でマイホーム生活を手にしたい方は、これからご紹介する木造住宅にまつわる情報をご覧になってください。この記事があなたの夢実現の架け橋になれたならば本…

    2016/08/05

    » more

  • 木造住宅を選ぶ時のメリット・デメリット

    椅子と壺

    木造住宅は四季というものがある日本の風土に合った住宅形式と言えます。では、木造住宅を選ぶ際のメリット・デメリットを紹介していきましょう。メリットとして、木…

    2016/08/05

    » more

TOP